ポジションの取り方でトレードの8割が決まる(教え7)

【会社にしばられないノーストレスな毎日を目指す1年戦争】

東京の大学卒業後→南米へ自分探しの旅→会社員→独立→副業で始めた先物・FXトレードも早16年
→仮想通貨投資(失敗)→本業の傍らトレードで生計立ててます。
|投資|FX|先物|仮想通貨|旅|ゴルフ|料理|自立|マインド|仲間
|カッコよく生きる|人生|自立|独立|老後|趣味|仲間|

トレードとしての成功はさまざまに要因の影響を受ける。

経験上、ポジションの取り方がトレードの8割を占めるといっても過言ではない。

もちろんトレードの鍵はいかに売るかという見方があることも承知している。

しかし、トレードする上で抱える問題の大半はポジションをとるタイミングの悪さに起因するものが

ほとんどである。

不適切なポジションの取り方をすることにより、勝てる取引を負けにしてしまうことがあり得る。

逆に、あまり健全ではない取引でも、ポジションをとる水準とタイミングさえよければ、勝てることもある。

短期トレードはポジションが特に重要になる。

適切な水準とタイミングでポジションをとれば、数分以内に利益が出る可能性が高い。

間違ったタイミング、そして高過ぎる水準でポジションをとれば、瞬時のうちに含み損を抱えることになる。

買うか、売るか、様子見かを知ることは意味のあることである。

しかし、その何をいつするかを知ることが成功へとつながるのである。

ポジションの取り方に習熟すれば、利益が上がっている時のポジションの手仕舞い方を、

それほど気に留める必要もなくなる。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

最近の投稿