健全なテクニックだけが健全なセンスを育てる(教え1)

【会社にしばられないノーストレスな毎日を目指す1年戦争】

東京の大学卒業後→南米へ自分探しの旅→会社員→独立→副業で始めた先物・FXトレードも早16年
→仮想通貨投資(失敗)→本業の傍らトレードで生計立ててます。
|投資|FX|先物|仮想通貨|旅|ゴルフ|料理|自立|マインド|仲間
|カッコよく生きる|人生|自立|独立|老後|趣味|仲間|

トレードのセンスは重要であるが、教えたり授けたりすることはできない。

センスはさまざまな経験をしながら長い時間をかけてゆっくり育ち、徐々に発達する。

トレーダーがテクニックを身につけ、利益を上げられるトレード手法を体系的に理解できれば、

それらのテクニックを頻繁に使ってセンスも徐々に身につけられる。言い換えれば、

センスは健全なテクニックを繰り返し繰り返し使うことによる副産物である

トレード手法というものは、利益を上げることが目的というより勝つためのセンスを徐々に熟成させていった結果である。

多くのトレード参加者が間違ったテクニックを身につけたために、間違ったセンスを身につけてしまっていることだ。

トレードは厳密な科学ではない

から、職人芸的な要素も必要なのである。

このようなプロセスは明確に説明することは難しいが、

正しいテクニックを身につけようと努力し続ければ

個人差はあるが必ず身につくものである。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

最近の投稿