何もしないことがベストの選択である場合(教え5)

【会社にしばられないノーストレスな毎日を目指す1年戦争】

東京の大学卒業後→南米へ自分探しの旅→会社員→独立→副業で始めた先物・FXトレードも早16年
→仮想通貨投資(失敗)→本業の傍らトレードで生計立ててます。
|投資|FX|先物|仮想通貨|旅|ゴルフ|料理|自立|マインド|仲間
|カッコよく生きる|人生|自立|独立|老後|趣味|仲間|

取引をしていないと惨めに感じた退屈するトレーダーは多い。

常にポジションをとっていないと気が済まないトレーダーは、マーケットが静かになり低リスクのチャンス

になると、自らがポジションを取ることがマーケットを動かすきっかけになるとでも思っているのか、

無理にポジションを取りにいく。

時には何もしないことがベストな選択であることはわかっていないのである。

静止していることによって精神的に落ち着き、明快な思考が得られることもある。

マーケットが小康状態にある時は、自ら確認し構築し直す好機なのである。

自らを点検・整備し、次に迅速に行動しなければならない時に備えるのである。

マーケットから一歩離れて傍観者となり冷静な気持ちでトレードできているか客観的に自分を判断しなければならない。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

最近の投稿